■ 災害ボランティアとは

災害ボランティアとは、災害発生後に被災者の生活や自立を支援し、また行政や防災関係機関等が行なう応急対策を支援する、自発的に能力や労力、時間を提供する個人・団体を指します。

災害ボランティアは、職能によって医師や看護師、通訳等専門知識や技術を活用する専門職ボランティアとその他の一般ボランティアに分けられます。

杉並区社会福祉協議会が主として対応するのは、基本的には区内外から支援に訪れる一般ボランティアとなりますが、被災者支援のために必要な場合は行政関係部局と連絡調整し、専門職ボランティアと適宜・適切に協働していくこととします。

災害ボランティアセンターの設置

杉並区社会福祉協議会は、杉並区と「災害時におけるボランティア活動に関する協定」を結び、杉並区内で震度6弱以上の地震が発生したとき、東海地震注意情報が発表されたとき又は警戒宣言が発せられたとき、杉並区と協議して「災害ボランティアセンター」を設置することになりました。
災害時におけるボランティア活動に関する協定(PDF形式)->

杉並区社会福祉協議会は、日常的に作り上げてきたボランティア、NPO、社会福祉関係団体や地域団体等とのネットワークを活かすとともに、阪神・淡路大震災や中越地震における小千谷市支援の経験を活かして、杉並区が被災した場合に「災害ボランティアセンター」を立ち上げます。このことによって、杉並区内外のボランティアの協力を得て被災者に対する災害応急及び復興活動が円滑に行なえるように支援します。

災害ボランティアセンターの役割は?

(1)情報収集と発信災害対策本部(救援部一般ボランティア班)と連携し、被災区民やボランティアから情報を受け、活動情報として加工して外部に発信します。同時に、生活情報の収集に努め、地域情報を区民に提供していきます。
(2)災害ボランティアのコーディネート・被災者(救援所や自宅生活者)からの相談を受付けます。・ボランティアの受付、活動紹介・活動支援を行ないます。・他のボランティア・NPOと連携・協働して支援活動を進めます。

設置場所や担当者は?

(1)設置場所災害ボランティアセンターは、協定により、あんさんぶる荻窪に設置します。
所在地:杉並区荻窪5−15−13 TEL:5347−3939
(2)担当者担当者は、杉並区社会福祉協議会地域福祉課地域福祉推進係、杉並ボランティアセンターの職員です。