勉強会

杉並区社会福祉協議会は杉並区との協定で、
大きな災害が起こった時に「災害ボランティアセンター」を立ち上げることになっています。

「災害ボランティアセンター」
皆さんご存知ですか?

地域によっては常設しているところもありますが、
杉並区は大きな災害が起こった時に設置されます。
災害が起こり、ボランティアを必要としている人と
各地から支援に駆けつけたボランティアをつなげることを主に行います。

杉並ボランティアセンターでは災害ボランティアセンター事業の担当をしており、
講座や訓練の内容を企画します。

先日、「災害ボランティアセンター 合同勉強会」が行われました。
社協職員と [災害ボランティアセンタースタッフ養成講座]の受講生での勉強会です。

まずはワーク。
杉並区の白地図に被害想定・想定避難者数を書き込み、
震災救援所や福祉救援所の場所や災害対策本部・災害ボランティアセンターの設置場所などにしるしをして、
地域の情報通(キーパーソン)をあげていく。
ばらばらの情報を一つの地図に落としていくことで、一目で状況がわかるようになりました。

これをもとに、ニーズ調査をする段階に移るわけです。

>>>つづく