ボランティア体験講座「きほんのき」点字コースに参加しました!

こんにちは!8月から社会福祉士の実習に入らせていただいている法政大学3年の柏倉です。
毎回とても刺激を受けて、とても充実した日々を送らせてもらっています。

最近天候が安定しないと思ったら、台風5号も上陸しましたね。
家においてあったじょうろが、風のせいかなくなっていました。皆さんのお家はご無事でしたでしょうか?

ボランティア体験講座「きほんのき」点字コース
が8月3日、5日、9日に行われました。
大変人気で参加上限を増やし、各日20名の参加がありました。
いずれの回も参加者の皆さんはとても熱心で、終始和気あいあいとした雰囲気でした。

「きほんのき」点字コースは、すぐ点字の学習に入るわけではなく、まず視覚障害当事者である講師の三好さんから「目が見えない人の生活」についてお話をいただきます。その後、手引きの体験と手触りの体験を行います。

こうして、目が見えない方の生活を想像し、考え、肌で感じていただくのですね。
このあと休憩に入るのですが、休憩中も三好さんのところに行ってお話する方、質問をする方がたくさんいらっしゃいました。

その後、点字の仕組みについてお話があったあと、いよいよ点字を書く体験が始まります。
皆さんとても集中して取り組んでおられます。

最後は名刺を作って終了。余った時間で、点字で自己紹介を書く方もいらっしゃいました。

点字の学習を通して、目が見えない方との関わり方、その理解について考えていただくきっかけになればと思っています。