福祉講話その② @西田小

皆さん、こんにちは。しじみです。
今日はお天気もよく気持ちがいいですね(^o^)
わたしのデスクのすぐ近くに窓があるのですが、
ちょうどよく日差しが入ってきてぽかぽかしています☀
このままうっかりウトウトしないようにしないと……!(笑)

さて、先日、西田小学校へ2回目の福祉授業に行ってまいりました。
西田小では4年生の総合の時間で
「みんなに優しいまちづくり」をテーマに授業を行っています。
先月は「車いす体験授業」で講師としてお話しをしました!
>前回の様子はこちら☆

今回、わたしがお話ししたテーマは「福祉ってなんだろう?」。
社会福祉協議会やボランティアセンターが行っていること、
まちにはどんな人が暮らしているかな?
みんなに優しいまちにするために、自分にできることはなんだろう?
などなど、45分の授業のなかで色々なお話しをさせていただきました。

話しの途中、児童の皆さんに挙手をしてもらったり、
意見などを聞いてみる場面を設けたのですが、
積極的に発言してくれる子がたくさんいて嬉しい気持ちになりました。

質疑応答の時間もたくさん質問が挙がりました。
「ボランティアセンターにはどんな依頼が多いですか?」
「耳の聞こえない人がいたときにどう声をかけたらいいですか?」
「ボランティアセンターは何人で働いていますか?」
「何歳からボランティアを始めたいと思いましたか?」
「一番いい社会ってどんな社会だと思いますか?」
などなど…

3学期には、皆さんが考えた「優しいまちにする方法」を
実際に行動に移していくそうです。
今回の授業が今後の学びにつながっていくことを願います。

西田小の皆さん、ありがとうございました!!(*’ω’*)