ゆめ応援ファンド2020年度特別助成金

【趣旨】
新型コロナウイルスの感染拡大により、活動や運営などに支障をきたしたり、事業の継続が難しくなっている、あるいは、感染拡大により起きている社会的課題に対し、新たな活動の展開を計画しているボランティアグループ・市民活動団体に対し特別助成を行います。


【応募資格】
(1)ボランティアグループ・市民活動団体(非営利団体であること。法人格の有無は問いません)※一般社団法人については非営利徹底型のみ対象となります。
(2)主たる活動エリアが東京都内であること


【助成内容】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、事業収入や寄付等が減少し支払いが困難となっている費用、新たに必要となった費用、あるいは購入が必要なもので、下記に該当するもの。
(1)事業継続、再開のための費用(事業費用、運営管理費用等)
(2)新たに必要となった取り組みにかかる費用(事業費用、運営管理費用等)
※既に執行済(領収書の日付が2020年3月以降のもの)の費用についても申請できます。
<助成内容例>
◆会場賃借費用 ◆IT通信環境に係る費用(WI-FI設置・ルーター購入、オンラインツールの有料プランの費用など) 
◆謝金・謝礼 ◆消耗品費(アルコール除菌物品やマスク、体温計など感染予防に係る物品の購入、空気清浄機、加湿器、サーキュレーター、他機材の購入) 
◆研修受講費 ◆通信費、光熱水費、リース料 ◆事務所家賃


【助成金額】
1団体上限10万円まで。(助成総額600万円以内を予定)
【助成対象にならないもの】
(1)スタッフの賃金、交通費及び飲食費
(2)その他団体の活動に必要な費用と考えられないもの
※新型コロナウイルス感染拡大との関連が読み取れない費用は対象になりません。


【選考および結果】
ゆめ応援ファンド配分特別委員会にて選考の上、2020年6月26日(金)に本センターホームページ上に結果を発表します。併せて直接、グループ・団体あてに通知します。


【応募方法】
所定の「ゆめ応援ファンド特別助成申請書」に必要事項を記入の上、郵送またはメールにて東京ボランティア・市民活動センターまで申請してください。
 ※注意:メールで申請した場合は、送信後受信確認メールが届きます。受信確認メールが届かない場合は、正しく送信されていないため、送信先アドレス(fd@tvac.or.jp)等をご確認の上、再度送信し、受信確認メールを確実にご確認ください。
(1)応募は1グループ・団体につき1件のみ有効です。
(2)申請書に加えて、チラシやパンフレット、事業計画書、収支報告書(団体の収支がわかるもの)等、活動内容のわかる資料を作成している場合は、添付してください。(合計5枚程度以内)(作成している場合はメールでの申請の場合も添付してください)
(3)法人格を有する団体については定款を添付してください。
(4)これから購入・支出予定のものについては見積書、プラン等については料金表等価格のわかるもの(ウェブからのプリントアウトでも可)
(5)既に購入・支出したものについては、領収書など支出・購入したことがわかる証憑類
(6)申請書に記入の際、枠を広げたり、A4サイズ1枚に収まらない形にするなどの改変をしないでください。改変と判断される場合は審査対象外となります。


【応募受付期間】
2020年6月1日(月)~2020年6月13日(土)
 ※ 郵送の場合は当日消印有効


【応募・問い合わせ先】
東京ボランティア・市民活動センター「ゆめ応援ファンド特別助成担当」
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ110F
TEL 03-3235-1171 FAX 03-3235-0050
email fd@tvac.or.jp URL https://www.tvac.or.jp/