夏ボラ

気が付いたら、すでに8月も中旬。
前回の投稿から、あっという間に2週間も過ぎてしまいました。

連日の酷暑。
ゲリラ豪雨。
皆さま、おかわりありませんか?
私はおかげさまで食欲が落ちることもなく、体力・体重共に維持しております。
(汗)

さて。
夏のボランティア体験(以下:夏ボラ)の参加者がとてつもなく多かったことは
前回のブログでお伝えしたところですが、
受付した後も活動の日程変更や受入先とのやり取りが多く、
一日があっという間に過ぎてしまいます。
(・・・と、言い訳をしつつ・・・)

夏ボラ体験。ようやく各体験先への訪問を始めました。
(報告もどんどんアップしていきますので、ご期待ください。)
夏ボラ体験活動報告書も続々と戻ってきています。
「学校の課題で参加したのですが、高齢者施設でのボランティア体験がとても多くを学び、
おもしろさを発見することができました。」
とか、
「はじめて障害のある方と接して、これまでもっていたイメージが変わりました。」
などなど。。。

「自発的」が大切なボランティア活動。
参加理由は「強制的」であっても、
活動の中で「何かを見つけ、何かに気付く」ことが出来れば、
「自発的な活動」につながっていくのだと信じています。

本日はお盆休みの方が多いようで、朝の電車も、
職場までの道のりも人がとても少なかったです。
高速道路のUターンラッシュは本日午後からだそうですよ。
長いようで短い夏休み。
思い出づくりはできましたか?