すぎなみ地域福祉フォーラム2018「知って 想像して 共感しよう」のご案内

すぎなみ地域福祉フォーラム2018
「知って 想像して 共感しよう」を開催します!

地域で支えあうってなにから始めたらいいの?つながりが大事ってわかっているけれど、都会でつながりづくりってどうやるの?言葉では理解していても、実際に地域でどのように活動したらよいのだろうと悩んでいる方はたくさんいるのではないでしょうか。
今回のフォーラムでは、4つの分科会を通し、「知る」「想像する」「共感する」を経て、一人ひとりが身近な地域で具体的に何ができるのかを考えます。


♦日時
平成30年10月13日(土)10:00~16:10
10:00~12:15 開会・分科会Ⅰ
13:30~15:30 分科会Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
15:40~16:10 各分科会報告・閉会


♦場所
ウェルファーム杉並(杉並区天沼3-19-16)


♦各分科会紹介
<分科会Ⅰ>
自分らしく地域で活動していますか?
〝担い手〟目線から〝当事者〟目線へ

会場:4階 第3・4集会室
ファシリテーター:中島 修さん(文京学院大学人間学部人間福祉学科准教授)
話題提供者:井村 真さん(さくら野町会)、亀澤 大介さん(NPO法人すぎなみCBプラス顧問、NPO法人日本失語症協議会理事)
定員:50名

<分科会Ⅱ>
居場所づくりのしあわせエッセンス 
人と人とがゆる~くつながる多様な場のかたち

会場:4階 第3・4集会室
講師:西川 正さん(NPO法人ハンズオン!埼玉理事)
定員:60名

<分科会Ⅲ>
「気づきにくい」が見える地域に!
若年性認知症、高次脳機能障害を例に

会場:3階 1・2教室
ファシリテーター:朝比奈 ミカさん(中核地域生活支援センターがじゅまるセンター長)
話題提供者:高橋 恵美子さん、堂迫 廣二さん(NPO法人若年認知症交流会小さな旅人たちの会理事長)、山田 麻有美さん(杉並高次脳機能障害家族会クローバー代表)
定員:30名

<分科会Ⅳ>
立ち直りたい思いを応援する地域へ 
生活困窮者支援を知り、私たちにできることを考えよう

会場:2階 会議室1・2
ファシリテーター:後藤 浩二さん(スープの会世話人)
話題提供者:当事者を予定
定員:30名


♦参加費 
無料


♦その他
午前のみ、午後のみの参加可
託児、手話通訳、要約筆記対応可
会場で食事をとることができません。近隣の飲食店をご利用ください。
お車での来所はご遠慮ください。


♦申込み
➀氏名➁住所➂電話番号➃年代➄性別➅参加される分科会➆地域活動のご経験➇応募動機➈託児・手話通釈・要約筆記の要否 を記載し、はがき・FAX・メールにて下記までお申込みください。申込み〆切は10月5日(金)です


♦問合せ、申込先
杉並区社会福祉協議会地域支援課地域福祉推進係
住所:〒167-0032 杉並区天沼3-19-16ウェルファーム杉並4階
電話:5347-1017  FAX5347-2063
メール:forum2018@sugisyakyo.com

みなさまのご参加お待ちしております!
詳細は すぎなみ地域フォーラム2018チラシをご覧ください。