総社市災害ボラセンの運営支援を完了しました

第一陣が7月13日(金)から20日(金)まで、第二陣が7月19日(木)から25日(水)まで、総社市社会福祉協議会が立ち上げている災害ボランティアセンターの運営支援に行ってまいりました。
総社社協のみなさんは休みなくでセンター運営の業務を行っていました。休みのない中で、いつでも笑顔で対応されており、支援に向かった我々が勇気をもらいました。

総社市では、山間部の昭和地区では高梁川の氾濫、下原地区では高梁川の氾濫とアルミ工場の爆発があり、その2地区で大きな被害を受けていました。支援に向かった職員もその地区を担当してコーディネートを行いました。多くのボランティアの協力によって、道路上の泥かきやゴミの撤去等はほぼ終了しており、23日(月)からは県内在住の方のみをボランティア募集の対象としています。

総社市災害ボランティアセンターは収束に向けての動きを見せておりますが、まだまだ支援が必要です。支援金・義援金・支援物資などにご協力をお願いいたします。

また、豪雨災害にあった地域は、未だ多くのご支援が必要となっております。まだまだ人手が足りていません。
被災地のボランティア情報は、東京ボランティア・市民活動センターホームページにてご確認いただけます。

被災地での活動をお考えの皆さま、熱中症には十分に気を付けて活動に参加してください。
宿舎や食事等はご自身で完結できるよう準備を整えて向ってください。

被災地への温かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

【問合せ先・その他】
・団体名:杉並ボランティアセンター
・担当者名:阿部
・電話番号:03-5347-3939