企業 研修 ボランティア 

ずいぶん間があいてしまいました。
この間、ブログに書きたい出来事がいろいろとあったのですが、
何かとバタバタしておりまして・・・

ボランティアセンターではさまざまな事業が同時進行で行われております。

先日、企業の新任研修の受入れがありました。
区内の保育施設、障害者施設、高齢者施設等
9施設で2日間の体験活動をするというもの。
杉並区では約40人ほどの新任研修生が参加。
(人数が多く、他区でも受け入れていました。)

私は2日目の日に6施設の様子を見に行ってきました。

研修生は皆、積極的に動いていて、周りの利用者の皆さんには笑顔も見られ、
とてもいい雰囲気でした。

今回はじめて受入れに協力いただける施設もあり、
訪問の際に施設案内もしていただき、私自身も勉強になりました。

職員の方からは「利用者だけでなく、職員もいい刺激を受けています。」
「職員が日々の中で当たり前になっていることも、
質問してもらうことでハッと気づかされることがあります。」と言われ、
改めて【ボランティアを受け入れる意義】を感じさせられました。

研修生は短い期間ではありましたが、
自分の仕事とはまったく違うところでの体験活動は、
気づきや学びの多い時間だったようです。