夏ボラ交流会を行いました!

8月26日に夏のボランティア体験の参加者が活動を振り返る機会として夏ボラ交流会を行いました。

参加者の皆さんはほぼ全員が初めて顔を合わせたため、最初は表情も硬く緊張した様子。
そこで、最初にアイスブレイクをして参加者同士でコミュニケーションを取ってもらうと、あっという間に和やかな雰囲気に!

そのまま4つのグループに分かれて交流会スタート。
少しでも楽しく振り返りができるように、今回は すごろくを使った交流会を企画しました。

このすごろくは、実習に来ていた大学生の手作り!サイコロも実習生が作ってくれました。
“ボランティアマスター”を目指して、体験を振り返ったり、ボランティアクイズに答えたり。
どのグループも和気あいあいとした雰囲気で、楽しい時間を過ごしていました。

各グループに感想を聞くと、
「活動前に不安だったのは自分だけじゃなかったと知れてよかった」
「他の人の話を聞けて、何か所も体験できたような気持ちになれた」
「またボランティアをしたいと思った」
などなど、素敵な言葉をたくさん聞くことができました。

地域でボランティア活動をすると、普段の生活では関わることのない人と出会えたり、誰かの役に立つ喜びを知ったり…
今回体験した皆さんも、それぞれに感じたことや学んだことがたくさんあったようです。

ボランティアの一歩を踏み出した皆さんを、ボラセン職員はこれからも応援していきます!
「また何かやってみたい」そう思った時はいつでも杉並ボランティアセンターへ来てくださいね♪