情報紙ボラン・て 8月号【杉並光友会】

8月も半ばにかかりました。。。
雨が続いていますね。このように毎日雨が降っている状況は実に40年ぶりだそうです。

40年前の1977年は何があったかといいますと、白黒テレビの廃止だそうです。
白黒テレビという響きが懐かしいですねぇ。
・・・40年前というと、私はまだこの世に生まれていませんでした。笑

さて、8月10日にセンター情報紙「ボラン・て」の8月号が発行されました!

「ボラン・て」は、本誌にインタビュー企画とセンター注目企画、挟み込まれている中面にボランティア募集や地域に開けたイベント情報などを掲載しています。
ホームページでは本誌のみを掲載します。ボランティア情報などは、ホームページの別ページをご覧いただくか、「ボラン・て」を実際に手に取っていただきご確認ください。

平成29年度 8月号では、インタビュー企画「すゝめ!ボランティア(※)」と「センター注目企画」を掲載しました。

インタビューは、杉並光友会の皆さんにご協力いただきました!原爆被害当事者の会として、区内小・中学校のゲストティーチャーとしての訪問や毎年開催している原爆展など、活発に活動を展開しています。

センター注目企画では、「ボランティア受入れ担当者連絡会を開催しました」を掲載しました。

詳細はこちら(情報紙ボラン・て 8月号)からご確認ください。

※インタビュー企画
2つの企画があり、隔月で掲載しています。下記内容となります。
偶数月:すゝめ!ボランティア
→区内で活動している団体の方へインタビュー
奇数月:今どきの学生事情~ボランティアってどうよ?! 2nd Season~
→区内にある六つの大学に通う、ボランティアや地域活動に関わりを持っている学生へインタビュー

この記事に関するお問い合わせ
団体名:杉並ボランティアセンター
電話番号:03-5347-3939
FAX番号:03-5347-2063
メールアドレスinfo@borasen.jp